小顔効果を得る

医者と看護師

的確な選択を

ボトックス注射は痛みが少ないので、たいていの場合は麻酔なしで行えて時間も短いです。痛みに弱い人も安心して受けることができる点がこの施術の魅力ともいえます。手軽な施術ですが、効果が高いのでこの施術の人気は高いです。ボトックス注射は、表情筋の動きを止める効果があります。表情筋は顔の表情を作る筋肉ですが、あまり頻繁に動かすとしわの原因となります。ボトックス注射によって、この表情筋を落としてしわをできにくくすることができます。エラの筋肉を落とすと、その分だけ小顔効果を得ることもできます。ボトックスの効果を想定するときは、奥歯をグッと噛みしめて、エラが硬くなった部分の体積を大きいかどうかを確認すると良いです。この部分の体積が大きいと、注射の効果が大きくなります。施術へのモチベーションを高めるには、施術前のカウンセリングでシミュレーションをすると良いです。シミュレーションで小顔になった時の自分の顔のイメージを確認することができます。治療はモチベーションを持って行うことが大切です。ボトックス注射を受けるには、クリニックを選択する必要があります。ボトックスは適切な場所に適切な量を打つことが重要で、施術を行う医師は高い技量がある必要があります。ボトックス注射を上手く行うには、解剖学の知識も必要になります。高い技量があり解剖学の知識も豊富な医師があるクリニックを上手く選ぶことが大切です。ボトックスをエラの筋肉に直接注射することで、筋肉が少しずつ萎縮して小顔になります。その効果は3から6か月続きます。効果を持続させるには、効果が切れた後に再度注射を打つ必要があります。注射を繰り返すことで、持続時間が長くなります。注入を継続的に続けることで、次第に1年以上続くようになります。まだエラが小さい内に次ぎのボトックスを打つことが大切です。小顔効果を長く保つには、施術後のことを考える必要があります。ガムなどを繰り返しかんでいると、効果が長続きしないです。良いクリニックは施術の技術が高いだけでなく、アフターケアに関する説明も的確です。